大野事務所 建設業、開発行為、法人運営などに関するコンサルタントのプロフェッショナル

行政書士大野事務所 
 
行政書士大野事務所 

大野事務所
申請手続き等をコンサルタントいたします。

大野事務所
許認可は度々、社会情勢の変容により認可条件が変わります。
すでに取得している許認可でも更新の時には認可条件が変わることもあります。
当事務所では取引先の皆様に、タイミングよくお知らせしています。
また特殊な許認可も、内容を調査して対応します。

大野事務所
1級、2級、木造の3種類に大別されます。建物の面積や構造により設計可能な範囲が決まります。

大野事務所
戸建て、マンション、注文住宅、建売販売など不動産取引全般を業務とする際に必要な免許です。
土地に関しては、宅地に限らず、農地、工業用地なども対象となります。
一般消費者との接点が多いため店舗要件に注意が必要です。

大野事務所
タクシーやバス等の旅客輸送、トラックや宅配等の貨物輸送に大別されます。
身近なバイク宅配便も、葬祭での霊柩車使用もこの許可が必要です。
陸運、空運、海運と輸送方法により系統だてられます。
規模の大きな事業者は、輸送方法の複合化により業務をしています。

 

大野事務所
「パチンコ」、「まあじゃん」は風俗営業に該当します。立地条件が重要です。
カラオケスナックは「社交飲食店」として営業するケースが多いです。「飲食店営業許可」や「深夜酒類提供飲食店営業の届出」を同時に取得する事例が多いです。

 

大野事務所
自動車やバイク、図書の古本等を売買するときに必要になります。
美術品、衣類、金券類など13種類に分類されています。最近では、新しいスマートフォンを買うときに、現在使用している携帯電話を下取りする場合、販売店はこの許可が必要になります。

 

ページのトップへ戻る